ブロンプトンで輪行!IKEAのDIMPAがブロンプトンの輪行にピッタリなのです。

ブロンプトン専用の輪行バッグは色々なものが販売されていますが、IKEAのDIMPAというバッグはタイヤ保管用のバッグなのにブロンプトンにピッタリなんですよ。

しかも、しっかりとした生地と持ち手なので、ちび輪バッグのようにショルダーベルトを本体に取り付ける手間がないので、私はこのバッグを愛用しています。

ブロンプトン専用の輪行バッグ

DIMPAを紹介する前に、市販されているブロンプトン専用の輪行バッグを紹介したいと思います。

ブロンプトンは人気の自転車だけあって、本当にたくさんの専用のバッグが販売されています。

Bバッグ

5mm厚のパッドが入った丈夫なナイロン製のバッグで、旅行の際に大切なブロンプトンを衝撃から守ってくれます。底部は板状になっていて、キャスターが固定されています。 ポケットが数か所あり、ショルダーストラップとキャリーハンドルが付属品しています。 出典:ミズタニ自転車

カバー&サドルバッグ

カバー&サドルバッグは、交通機関を利用する際にとても役に立ちます。ファスナー付きのカバーは、装着・取り外しが簡単で、ひき紐を引けば底部を引き締めることができます。 カバーはたたんで専用のサドルバックに簡単に収納することができます。 出典:ミズタニ自転車

ころが~る

「ころが~る」はその名の通り、輪行袋とキャスターが一体になっている、ころがる輪行袋。 鉄道会社の規定に左右されることなく、安心して輪行をお楽しみいただけます。 収納するとコンパクトになるので、フロントバッグはもちろん、サドルに取り付けて走行出来るので荷物になりません。
出典:ミズタニ自転車

かるが~る

「かるが~る」はサドルレールに収納袋を取り付けることが出来るBROMPTON専用の輪行袋です。 前面にポケットがあり、鍵やイージーペダルの保管が可能です。
リフレクターやライトが取り付けられるベルト、ショルダーベルトを標準装備。
ロングシートピラーやサドル位置に関係なく完全収納が可能です。
出典:ミズタニ自転車

かるが~る フィット

「かるが~る フィット」はサドルレールに収納袋を取り付けることが出来るBROMPTON専用の輪行袋です。
「かるが~る」より展開時の縦幅が一回り小さく、コンパクトになっています。
前面にポケットがあり、鍵やイージーペダルの保管が可能です。
リフレクターやライトが取り付けられるベルト、ショルダーベルトを標準装備。
ロングシートピラーやサドル位置に関係なく完全収納が可能です。
出典:ミズタニ自転車

ぷち輪バッグ

オーストリッチのブロンプトン専用の輪行バッグです。この輪行バッグを使っている人がとても多いのではないでしょうか。

私もこの輪行バッグを持っています。DIMPAでかさばるときは、ぷち輪バッグを使うというように使い分けが便利です。

IKEAのDIMPAで輪行

DIMPAは折りたたんだ時にかさばりますので、私は細長く折りたたんでから、クルクルっと丸めて面ファスナー(マジックテープ)で留めています。それをSバッグに入れて携行しています。

DIMPAのジッパーを全開にして、地面に広げます。このあと、底の部分に折りたたんだ状態のブロンプトンを置きますので、底をなるべく広くむき出しにするように広げます。(私はDIMPAを携行するときにはジッパーを開けたままで折りたたんでいますので、広げたときはいつもジッパーは全開になっています。)

IKEA DIMPA 広げたところ

折りたたんだ状態のブロンプトンを袋の中に入れます。底部にしっかりと押し込みます。

ジッパーをすべて閉じれば完成です。

しっかりと肩にかけて、運びます。

ブロンプトンは12キロくらいあるので、肩に食い込みます。

駅の改札口からホームまでは完全に袋に入った状態で運ぶのがルールだそうです。

電車に乗ったときはやはり邪魔になるので、混雑しているときは座席から離れたふちの方に置くことになります。

最後になりますが、他の輪行バッグと並べてみました。

左から、麦茶650 ml、ぷち輪バッグ、IKEAのDIMPA、オーストリッチロード320 です。


※ブロンプトンについてはこちらの記事をご覧ください。


以上、「ブロンプトンで輪行!IKEAのDIMPAがブロンプトンの輪行にピッタリなのです。」でした。