ブロンプトンの日常メンテナンス

あなたのブロンプトンは、こまめにメンテナンスをしていますか?

買ったままで、何もメンテナンスをせずに乗られている方も中にはいるのでは無いでしょうか? かくいう私も、新車購入してから1カ月くらいは、ノーメンテナンスで乗りっぱなしにしていました。

路上の砂やほこり、油などの汚れや、潤滑油の消耗、劣化などにより、自転車は少しずつダメージを受けています。 安全、そして快適なブロンプトンライフをに長く楽しめるように、週に一度は簡単な点検とメンテナンスをしておきましょう。

今回は、ブロンプトンの週に1回は行った方が良いメンテナンスをご紹介します。


ブレーキ

自転車の安全機能としては言うまでもなく、乗り心地を良くするための基本はブレーキ性能です。

ブロンプトンはデュアルピボットリムキャリパーブレーキを使用しています。強力で、調整と保守が簡単です。最高のパフォーマンスを引き出し、リムとブレーキシューの両方の寿命を延ばすために、リムのブレーキ面を清潔に保つことが重要です。

路面から跳ね上がる、土・油などは、ブレーキシューやリムに汚れとして蓄積していきます。これらの汚れが付着したままにしておくと、ブレーキ性能が低下して、さらに、リムを痛めたり、ブレーキシューの寿命が短くなります。


リムの清掃

リムの表面は、脱脂剤を使用します。 ぼろきれなどに脱脂剤を含ませてリムの汚れをきれいに拭き取ります。専用の脱脂剤が無ければ、中性洗剤を含ませたスポンジなどでリムを洗った後に、洗剤を水で洗い流します。

リムに付いた頑固な汚れは、ラバー砥石などを使って磨きます。


ブレーキシューの清掃

ブレーキシューに金属片などの異物が刺さっていれば、取り除きます。その後、濡らした雑巾などで汚れを拭き取ります。汚れのひどい場合は中性洗剤で洗ったあと、乾燥させると良いでしょう。


タイヤ

タイヤの空気圧の点検は一番重要な作業です。ブロンプトンのタイヤは16インチという体積が小さいタイヤですから、空気圧が少なくなると他の自転車よりも大きな影響があります。

自転車のチューブは100%気密性があるわけではありません。数日の間に、少しずつ空気が少なくなり、タイヤは圧力を失います。ですから、定期的に空気を補充する必要があります。

空気不足のままで自転車に乗ると、パンクしたり、リムとタイヤを損傷してしまう危険性があります。逆に最大空気圧を超えると大きな事故の要因にもなりえます。そのため、適正な空気圧を維持するようにしてください。


空気圧の調整

タイヤの空気圧は個人の好みによって多少異なりますが、推奨範囲は自転車のタイヤのサイドウォールに記載されています。

5.0-8.0 BAR  70-115 PSI

上記の例ですと、5.0~8.0 BAR(70~115 PSI)が推奨範囲になります。

空気を入れるには必ず空気圧を測ることができる空気入れを使用してください。(付属のハンドポンプは緊急用です。)


チェーン

ブレーキと同様に、チェーンとスプロケットは、道路の汚れ、泥、ゴミなどが蓄積しやすいものです。汚れたままにしておくと、これらの汚れは自転車のパーツを研磨するペーストになって、ペダルを回転させるたびに、その研磨ペーストはドライブトレインのパーツを削っていきます。研磨ペーストは、チェーンテンショナーなどの目の届きにくい場所にも汚れを蓄積させていきます。

さらに、研磨ペーストとなった汚れがついたままでは、ペダルの回転にも負荷がかかりますので、自転車の乗り心地にも影響していきます。


チェーンの清掃と注油

日常のメンテナンスでは、ブラシを使ったり、専用のクリーナータンクを使った大掛かりなクリーニングは必要ありません。
 

汚れた状態のチェーン

チェーンが汚れている場合は、速乾性の脱脂剤を沁み込ませた”ぼろきれ”の上にチェーンを乗せてペダルを回転させ、汚れを拭き取ります。その後、チェーンの各コマに数滴のチェーンオイルを塗り、余分なものを拭き取ります。

汚れたままでは、新しいチェーンオイルを塗布しないでください!


このとき、メインフレームとハンドルバーのヒンジに注油することもお勧めです。詳細については、こちらの記事を参照してください。
参考記事:「ブロンプトンのヒンジのメンテナンス



以上、「ブロンプトンの日常メンテナンス」でした。