ブロンプトンの最強な輪行袋「ころが~る」

こんにちは、テツローです。

JRさんのルール厳格化によって、改札口より中では、きっちりと袋に納めなければならないので、ブロンプトンをコロコロと転がすことができなくなりました。

先日は東京への出張が続き、その度にブロンプトンを輪行して都内を漕いで回っていました。

東京ではいつも品川駅で新幹線を下りて、高輪口から出ることになっています。

新幹線を降りてから高輪の出口までは、かなりの距離を歩くことになるので、いつものお手軽なIKEAバッグにブロンプトンを入れて、担いで歩くにはかなり厳しい距離でした。

何度か担いで歩きましたが、やっぱりコロコロして移動したいと、上野のY’sロードさんで、輪行袋の「ころがーる」を衝動買いしてしまいました。



店員さんからは、「キャリアのないタイプのブロンプトンは倒れてしまうので、おすすめしません。」っと、やんわり断られましたが、何とかなるだろうと、制止を振り切って購入しました。

案の定、真っ直ぐ転がせず、泣けてくるような状態でしたが、板きれ一枚でなんとかなりました。


参考記事:
ブロンプトンの輪行袋『ころがーる』を、キャリアなしのブロンプトンでも快適に使う技


そして、ころがーるを使った輪行は、とっても快適です。(^^)



ころが~るの取り付け

購入した「ころがーる」は、下の画像のように、専用の袋に入った状態です。

まずは、これをサドルに取り付けて、走って見たいと思います。

f:id:werty852z:20181030204357j:plain


サドルの後ろ側にある金具に、専用袋上部にあるベルクロで、「ころがーる」を吊り下げます。

f:id:werty852z:20181030204929j:plain


シートポストにもベルクロで固定します。

f:id:werty852z:20181030204848j:plain


さらに、専用袋の両サイドに縫い付けられているベルトをサドル下部のレールに通して固定します。

このベルトのテンションをかけることで、自転車を漕いだときに、「ころがーる」が左右に振られないようにします。

f:id:werty852z:20181030204845j:plain


取り付けが完了すると、下の写真のような感じになります。

f:id:werty852z:20181030205016j:plain


ブロンプトンを袋に収納せずに折り畳むときは、シートポストのベルクロを外してから畳むと、スムーズに収まります。

f:id:werty852z:20181030205235j:plain


「ころがーる」をサドルに付けたまま折りたたむと、このようになりました。

f:id:werty852z:20181030205254j:plain


ころが~るを付けたままの走行

車体に”ころが~る”を取り付けたまま走ってみても、ペダルを回すときに輪行袋に足がぶつかるような事はありませんでした。

車体を激しいダンシングで左右に揺さぶると、サドルに少し重さを感じましたが、通常の走行では特に気になることはありませんでした。

大きさがあるので、”見た目”は重たそうですが、実際に走行してみても特に気になることはありませんでした。

ころがーるを取り付けた状態(横)
ころがーるを取り付けた状態

取り付けてみると、大きさは感じますが、邪魔にはならなかった。

ころがーるを取り付けた状態(斜め後ろ)
斜め後ろから見たところ




ころが~るの輪行

さて、肝心の輪行ですが、「ころがーる」を専用袋から取り出すと、両側にキャスターが飛び出た状態で半分に折り畳まれています。

f:id:werty852z:20181030204150j:plain


真ん中から開いて、チャックを全開にしてから、広げて地面に置きます。

赤いリボンのある方が後ろ側になります。

f:id:werty852z:20181030205343j:plain


ブロンプトンをの載せて、赤いリボンで後部を軽く固定します。

f:id:werty852z:20181030205407j:plain
f:id:werty852z:20181030203929j:plain


中央のベルトで、本体と「ころがーる」をしっかりと密着させます。

f:id:werty852z:20181030203914j:plain


このとき、私は転倒対策の板(薄いブルーの板)を底に敷いています。

f:id:werty852z:20181030203922j:plain

この対策については以下の記事で詳しく解説をしています。

参考記事:
ブロンプトンの輪行袋『ころがーる』を、キャリアなしのブロンプトンでも快適に使う技

 

前後からチャックを閉めて、完成です。

f:id:werty852z:20181030203944j:plain


ピッタリとブロンプトンが収まりました。

f:id:werty852z:20181030204100j:plain


「ころがーる」にブロンプトンを収納する時間は思ったほどかかりませんでした。

時間的には「プチ輪バッグ」に収めるのと変わらないかな。


ちなみに、チャックの一部を開けて、キャリアブロックにSバッグを取り付けてコロコロすることも可能です。

f:id:werty852z:20181030204107j:plain

バッグも載せて運べるから、これを使い始めてから、手で担いで輪行するは、おっくうになっちゃいました。


注意点としては、キャスターで移動しやすい反面、電車では走行中にあらぬ方向に転がって行ってしまうのを防止する必要があります。

手で保持しておくか、ベルクロのマジックテープなどで手すりに固定しておくようにしましょう。


まとめ

メリット

ブロンプトンを完全収納した状態で、キャスターで転がして移動できる。

輪行袋をコンパクトに収納して、シートポストに付けて走行が可能。

階段などの昇降で持ち上げる際にも、肩にベルトをかけ、さらに側面に持ち手があるので楽に持ち運びが可能。

デメリット

キャリアなしのブロンプトンの場合はそのままでは使えない。
参考記事:「ブロンプトンの輪行袋『ころがーる』を、キャリアなしのブロンプトンでも快適に使う技

ほかの輪行袋よりも、大きく重たい。

キャスターで移動するときに、直進安定性が良くないので、傾斜があると低い方に動いてしまう。

電車などでは、常に保持しておくか、どこかに固定しておかないと転がって動いてしまう。

いかがでしたか?

デメリットについては、なんらかの方法ですべて解決できそうですよね。

輪行で、こんなべんりな輪行袋を使わない手はありません。

お買い求めは以下のリンクからどうぞ!



以上、「ブロンプトンの最強な輪行袋ころが~る」でした。