簡単!ブロンプトン内装3速の調整方法

ブロンプトンを長く乗っていると、内装3速のシフトがカチッと決まらなくなってきたりしますよね。

そんな時は、変速用チェーンロッド(インジケーター)の調整をしてみましょう。

そして、後輪のパンク修理やタイヤ交換をした後にも、必ず調整しておきたいですよね。

特に工具も必要ありませんし、難しい作業ではありませんので、ぜひ覚えておきましょう。

変速用チェーンロッド(インジケーター)

ブロンプトン インジケーターのぞき窓

ブロンプトン後輪の右側にある、車輪の取り付けボルトの所に、穴の開いた個所があります。(上の画像の赤丸箇所)

この穴をのぞき込むと、変速用チェーンロッド(インジケーター)を目視する事ができます。

変速用チェーンロッド(インジケーター)

ブロンプトンのシフターを2速にしたときに、この変速用チェーンロッド(インジケーター)の露出が1mmになるように調整します。

1mm

調整手順

それでは、内装3速の調整方法を順を追って説明します。

手順1.

ブロンプトンをお座り状態にしておき、シフターを2速にします。(重要)

ブロンプトン シフター

手順 2.

変速用チェーンロッドの先にある小さなナットを緩めて、その先の円柱状のパーツから離します。

ブロンプトン

手順3.

変速用チェーンロッドの先にある円柱状のパーツを回して、変速用チェーンロッドの長さを調節します。

この円柱状のパーツを回すことで、シフターから繋がっているワイヤーのテンションを調節できるのです。

変速用チェーンロッドの長さを調節

下の写真のように、変速用チェーンロッドの根元部分の露出が約1mmになるように調整します。

変速用チェーンロッドの根元部分

手順4.

調整が終わったら、インジケーターの小さなナットを締めて、円柱状のパーツが回らないように固定して完了です。

変速用チェーンロッド 調整完了

番外編:チェーンロッドの清掃

変速用チェーンロッドの根元が汚れていると見ずらいので、調整をしたついでに清掃してもいいでしょう。

その場合は、円柱状のパーツを変速用チェーンロッドから外してしまって、変速用チェーンロッドを左に回すと根元から抜くことができます。

変速用チェーンロッド 左に回すと外れる
変速用チェーンロッド

ウエス等で汚れをキレイに拭き取ります。

以上、「ブロンプトン内装3速の調整」でした。