MTBのレストア(2)

前回、MTBのレストアをはじめたものの、ボトムブラケットの取り外しに四苦八苦してやっと取り外したボトムブラケット。

しかし、とてつもなく汚い状態に唖然。さてさて、どうなることやら・・・。

※この記事は、2017年2月14日の記事を再編集したものです。

ボトムブラケットの洗浄



一番最後に取り外した、ボトムブラケット。

とにかく汚いので、まずはこれを洗浄しようと思います。

ホムセンで買ってきたスプレー式パーツクリーナー(300円くらい)で洗い流すとともに、ウエスで拭き拭き。

手が荒れると困るので、ニトリル手袋をはめて磨きます。

するとまあ、どうでしょう!ピッカピカ!!

ここまで綺麗になるとは思いませんでした。

ゴム部分も傷んでい無さそうだし、ベアリングボールも問題なし。

グリスの効果は腐っててもあるものなんですね。

そして、ボトムブラケットを元のようにフレームに組み付けるには、「引っ掛けスパナ」が必要でした。



クランクとフロントギア

続いては、クランクとフロントギア。

アルミ製のクランクは表面がザラザラになってしまっていたので、サンダーで磨いてから塗装をすることにしました。

下の写真は塗装前。

穴の部分には新聞紙を丸めて突っ込み、塗りたくないところだけマスキングをしておきます。

そして、写真はいっきに時間が飛んで、黒く塗装したクランクと清掃したフロントギアを組上げた状態。

ギアはあちこちの歯が削れているので交換したいところだけど、懐事情により、そのままになりました。

ちなみにこの黒い塗装はちょっと何かが当たるだけではげちゃいました。

失敗ですね。

一応ブラサフで下地を作ったつもりなんですが、乾燥時間が足りませんでした。

ボルトが錆びついていたので、ボルトのみ新品に交換

つづきはこちらの記事です。
MTBのレストア(3)





以上、「MTBのレストア(2)」でした。