Dahon Speed Falco のカスタム ブロンプトン用のキャリアブロックを取り付けてみた

ダホン(Dahon) でも、ブロンプトンのバッグを使いたい

ブロンプトンのキャリアブロック&バッグは誰もが認める秀逸なシステムですよね。

ブロンプトン乗りでないと、その使い勝手の良さを理解するのは難しいかもしれません。

でも、ブロンプトンに乗っていると、他の自転車に乗る時でもこのシステムを使いたいと、誰もが思うものです。

今回は、Dahon Speed Falco にブロンプトンのキャリアブロックを取り付けてみました。

最初は、一見してうまく取り付けられたと思ったものの、失敗に終わり、改良してなんとか使える形になりました。

ブロンプトンに付けられたキャリアブロック

キャリアブロックを加工(失敗編)

Dahon Speed Falco のキャリアを取り付けるためのダボ穴は、3つ穴となっています。取り付けるために、ブロンプトンの純正キャリアブロックを加工して、穴を3つにします。

Dahon Speed Falco の穴は3つ
ブロンプトンの純正キャリアブロックと、内部のステー

キャリアブロックに元から開いている穴では少しずれるので、内部のステーは一つだけ穴にはならず、ぱっくりと開いた状態になってしまいました。

加工後のブロンプトン・キャリアブロック

穴あけ加工が済んだところで、自転車に取り付けてみました。

Dahon Speed Falco に取り付けたところ

すると、下の写真のとおり、キャリアブロックのリリースレバーの一部が前ブレーキに当たってしまいます。

リリースレバーがブレーキに当たる

そのため、下の写真右側のように、リリースレバーの先端を切り落として、穴をあけました。(手綱を取り付けるための穴)

リリースレバー

リリースレバーと手綱を取り付けて、今回の加工は完成です。

手綱を取り付けた。

そして、ブロンプトンのトートバッグを取り付けて見ると、、、いい感じではありませんか!!

ブロンプトンのトートバッグを取り付けて、みたところ

しかし!!残念なことが発覚します。

下の写真のようにバッグの上部がハンドルポストに当たってしまっています。

さらに、バッグが二度と外れない...orz

ハンドルポストに接触
ハンドルポストに接触2

ものすごく簡単な加工で行けたと思ったものの、これでは安全に運転できないし、バッグの付け外しも手間がかかって、使い物になりませんでした。

がっくり_| ̄|○

この3つ穴加工とリリースレバーの加工は、無駄な徒労に終わりました。マネしないでくださいネ。

キャリアブロック取り付けステーを自作(成功編)

キャリアブロックをダホンに直接取り付けると上手くいかない事が分かりました。

今回は、キャリアブロックを少し前に取り付けるために、自転車本体とキャリアブロックの間にステーをかませてみました。

今回の部品類

部品はホームセンターで買い揃えました。

上の部品を組み合わせて、下の写真のようにステーを組み立てます。

キャリアブロックとステー

ステーがシルバーのままですと、乗車時に光が反射して眩しかったため、ステーも黒に塗装しました。自転車に取り付けるとかなり前にズドーンっと飛び出します。

キャリアブロック(手綱付き)とステーをダホンに取り付けた

でも、こうして遠目に見ると、あまり違和感がないように思います。

キャリアブロックを取り付けた Dahon Speed Falco

意外とイケてる?

Dahon speed falco と ブロンプトン・トートバッグ

ブロンプトンのトートバッグを取り付けて見ると、意外とイケてるように思いませんか?

Dahon speed falco と ブロンプトン・トートバッグ

横から見ると、トートバッグがかなり前に突き出しているように見えますが、前輪より飛び出しているわけでもありません。

ハンドルも切れるし、ブレーキと変速用ワイヤーとの干渉もなんとか収まっています。

Dahon speed falco と ブロンプトン・キャリアブロック

これで、dahon speed falco でお出かけするときも、ブロンプトンのトートバッグで出かけられます。

なお、現在はステーを少し曲げてキャリアブロックが地面に水平になるようにして使っています。


その他のカスタム

以上「Dahon Speed Falco のカスタム ブロンプトン用のキャリアブロックを取り付けてみた」でした。