ロードバイクをスタンド無しで立たせる方法

ロードバイクにスタンドを取り付ける人はまず居ないと思います。

ロードバイクでツーリング中に、愛車を写真撮影するときには、壁などに立てかけたり、下の写真のようにハンドルを引掛けて撮影するしか無いですよね。

こんな風に手すりにハンドルを引掛けて撮影

でも、何にもない海岸沿いや、草原など、立てかける場所が全くない場所では、撮影ができません。

壁がないのに立っている写真

何もない海岸沿いの道路で自立している写真がこちらです。

海岸沿いで

壁や手すりが無いのに、立っています。


草原でも撮影してみました。

草原で

こちらの写真も壁や手すりなどの立てかける場所はありません。

でも、立っています。

横から撮影すると、こんな感じです。

いかがでしょうか。

薄々気づかれているとは思いますが、、、

例のアレ。



ローディーなら、いつも身に着けているアレです。


立たせる方法



それでは、スタンドの無いロードバイクを立たたせておく方法のタネ明かしをします。

もう、お気づきのとおり。

ヘルメットを使います。

左ペダルとヘルメット

上の写真のように、ヘルメットを地面に置き、左側のペダルをヘルメットに当てがって固定しています。

ローディーさんなら必ずヘルメットを身に着けていますよね。

撮影するときは、自転車から降りているので、ぜひヘルメットを脱いで撮影してください。


そして、次の条件が揃えば自転車は立った状態で動かなくなります。

  1. 平らな場所で自転車が止まっている。
  2. ペダルとヘルメットの位置関係が絶妙。
  3. 自転車の重心が、ほんのわずか左に傾いている。


それでは条件を詳しく紹介します。

1. 平らな場所で自転車が止まっている。

斜面では自転車が動いて行ってしまうので、スタンドがあっても立たせておくことはできません。

どうしても斜面で撮影したいときは、ゴムやベルクロでブレーキをかけて置くという手もあります。


2. ペダルとヘルメットの位置関係が絶妙。

左側のクランクが4時半ごろの位置になるようにしてヘルメットを当てがいます。




3. 自転車の重心が、ほんのわずか左に傾いている。

ご存じのように、自転車を左側から見ると、左ペダルは反時計回りで漕ぎますよね。

ですから、左ペダルを反時計方向に回転させると、タイヤを回そうとするので、抵抗がかかります。

ヘルメットとクランクが前項(2)の位置関係にあるとき、

わずかに自転車が左へ傾こうとすると、ヘルメットはクランクに対して反時計回りに押そうとします。

でも、自転車は止まっているので、走り出すには結構な力がいるわけで、

左側への傾き加減を調整してやって、自転車が左へ倒れようとする力と、

ヘルメットがクランクを回そうとする力が、

丁度バランスよくなった時に、自転車は自分で立ったままになります。



不安定そうに思えますが、これがナカナカ安定感があって素晴らしい!

でも、風が強い日はやめておきましょう!

ロードバイク 転ぶ
ロードバイク 転ぶ

自己責任でやってみてね!



以上、「ロードバイクをスタンド無しで立たせる方法」でした。