ブロンプトンの空気入れ、米・仏を切り替えできます!

ブロンプトンに付属の空気入れは米式・仏式を切り替えて使う事ができるのをご存知でしょうか?

※購入当初は米式バルブ仕様になっています。

ブロンプトンは米式バルブなので、米式専用のポンプだと思い込んでいましたが、実は一般的に販売されているポンプ同様に、切り替え式になっているのです。

チューブを仏式にした場合や、ツーリング中に他の仏式バルブの自転車に空気を入れる場合には、簡単に仏式に切り替えて利用する事が可能です。


仏式にするには

米式から仏式にするには、以下の手順です。

(1)空気入れの先にあるシルバーの金具を回して取り外します。

(2)レバーを上げて、中のゴム部品(2つ)を取り出します。

(3)取り出したゴム部品の向きを二つとも反対向きにして、元に戻します。

(4)シルバーの金具を取り付けて完了です。


写真左側のゴムは大きな穴がポンプ側向き、写真右側のゴム部品は突起のある方をポンプ側に向けます。

仏式

コツとしては、2つのゴム部品を下の写真のように組み合わせてから空気入れに戻します。

仏式

左のゴム部品の大きな穴に、右側部品を差し込みます。


米式にするには

仏式から米式にするには、以下の手順です。

(1)空気入れの先にあるシルバーの金具を回して取り外します。

(2)レバーを上げて、中のゴム部品(2つ)を取り出します。

(3)取り出したゴム部品の向きを二つとも反対向きにして、元に戻します。

(4)シルバーの金具を取り付けて完了です。


写真左側のゴムは小さな穴がポンプ側向き、写真右側のゴム部品は突起の無い方をポンプ側に向けます。

米式

2つのゴム部品を下の写真のように組み合わせてから空気入れに戻します。

米式

コツとしては、左のゴム部品の小さい穴に、右側部品の突起を差し込みます。


ブロンプトンのチューブを仏式にするには、以下の記事が参考になります。
参考記事:ブロンプトンのチューブとタイヤ



以上、「ブロンプトンの空気入れ、米・仏を切り替えできます!」でした。