ブロンプトンのシートピラー・エンドキャップを自作(紛失防止タイプ)

先日、ふと気づくと、ブロンプトンのシートピラーエンドキャップが無くなっていました。

どこかでポロリと外れてしまったのでしょう。

現行のシートピラーエンドキャップは単にはめ込むだけなので、落ちやすいのかもしれませんね。

1000円ほどのモノなので、 新しく買っても良いのですが、またすぐに失くしてしまうのも悲しいので、

ネジでしっかりと取り付けられるようにした物を自作しました。

思ったほどの時間も技術も必要とせずに簡単に作ることができますよ。


材料


材料はホームセンターで揃いました。

左から

あおりゴム 30mm 35mm

オニメナット 5M

ボルト 5M 

全部で360円くらいです。

道具はカッターナイフとヤスリ、そしてノギスと六角レンチです。


作り方

ブロンプトンのシートピラーエンドの大きさに合わせて、あおりゴムをカッターナイフで削ります。

削るコツとしては、シートピラーから出る部分と、シートピラーの中に入る部分の分かれ目のところ。

ここは、ゴムと水平にカッターナイフを固定しておき、ゴムを回転させて水平に切り込みを入れておきます。

その後、差し込む個所のゴムをシートピラーの内径に合わせながら、少しづつ削っていけばOKです。

ブロンプトンのシートピラーエンドは先が広がっているので、シートピラーの内径と先の径をノギスで測っておきます。

写真の左側はシートピラーの内径サイズで、右側が先の広がったところと同じ大きさになるようにしました。

差し込んであるオニメナットのギザギザ部分は、ヤスリで大まかに削っておきました。

ボルトをオニメナットにねじ込んだ時に、オニメナットがゴムにめり込んで行って、ゴムの内側から外に圧力をかけてゴムを抜けにくくするという算段です。

ゴムを削るのと、オニメナットのギザギザを削る時間を合わせても30分もかかりませんでした。

出来上がったエンドキャップを、シートピラーに差し込んでから、

抜けないように、ネジを締め込んで完成です。

完成

※ネジの締めすぎに注意。

※作ってから1年以上経過していますが、全然平気な状態です。
2020.5.14.追記




以上、「ブロンプトンのシートピラー・エンドキャップを自作(紛失防止タイプ)」でした。