ロードバイク:買ったもの、使わなくなったもの。

  • 2019年2月27日
  • 2021年11月24日
  • アイテム
  • 2114回
  • 0件

「自転車でツーリングするときにはどんな装備をしたら良いのか知りたい」
「ツールを使ってみた感想を知りたい」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

こんにちは。
ロードバイク歴5年のテツローです。
ロードバイクに乗り始めてからというもの、色々と装備を買ってみては、他の物に買い替えたりと、わりとお金が掛かってしまうものですよね。

無駄な買い物をしてしまうのも、今の時代はもったいないものです。
そこで、私が使ってみて使い続けているもの、買い替えてしまったものを紹介します。

ぜひ、お買い物の参考にしてみてください。

ロードバイクに乗るために必要なものとは

ロードバイクを買って、自転車以外にも買い揃えなければならない物があるのを知りました。
たとえばヘルメットやゲージ付空気入れなどがあります。

ロードバイクが楽しくなって、近場から長距離を走るようになったり、輪行やトランポなどをするようになると、その他にも必要なものが沢山あることに気づきます。

なるべくなら値段も押さえたい所ですが、無駄なものまで買ってしまったり、買ってはみたものの、他の物に買い替えてしまったり、という事がありますよね。


現在でも使っているもの

空気圧計付の空気入れ

自宅やトランポするときの必需品です。
ロードバイクのように高圧のタイヤは、空気が減るのが早いので、乗るたびに空気圧をチェックして入れています。


ゴープロ

とにかく軽い。場所を取らない、画質も良い。ハンドルバーマウントかチェストハーネスを使います。
チェストハーネスを使うとハンドルと腕も写るので臨場感がでます。
今のところはこの組み合わせがベターです。


SPDーSL

「ロードならやはりSPD-SLでしょう。」
っということで愛車のコンポと合わせてアルテグラのビンディングペダルを愛用しています。

こちらのペダルでは、普通のスニーカーで乗ることも可能です。


小さくて軽量な空気入れ

ジャージの後ろポケットに突っ込んで走っています。
私はチューブレスタイヤ愛用者なので、パンクしてもこれで少々加圧してやれば、また何キロか走れます。


テールランプ

昼間でもテールランプを点灯して走っていると、上手によけてくれる車が多いような気がします。
車の多い道路では必ず点灯するようにしています。


ヘルメットテールランプ

ヘルメットに取り付けるタイプのテールランプ。
普通のテールランプとダブルで点灯しておけば安心感も二倍。
軽いので気になりません。


サドルバッグ

パンク修理キットや簡易工具、予備チューブなど、意外とたくさん入ります。
「見た目が悪くなる」という人も居ますが私はかなり重宝しています。


R250ツールケース

冬場はボトルホルダーにこちらのツールケースを取り付けて使っています。


サーモス

夏場の水分補給にはこれは必需品です。
普通のボトルでは生ぬるくなってしまうのですが、これなら冷たーいドリンクをいつでも補給できます。


ワイヤーロック

「ちょっとコンビニで用足し」
なんてときに気休めにでも使いたいものです。
安物だとダイヤルが壊れて開かなくなってしまって困ったことがあります。



現在は使っていないもの

つばの付いたヘルメット

最初の頃は、キノコ頭になってしまうヘルメットに抵抗があって、また、日差しも避けたいという思いから、つば付のロードレーサーらしからぬヘルメットを買ってしまいました。

イベントや友人と走る機会が増えると、逆に浮いた感じになってしまったので、使うのをやめました。
最初からロードレーサータイプのものを買った方が良かったと思います。



スマホホルダー

遠くに出かけるときに、スマホのナビ(google Map)を使って走っていたので必需品でした。
しかし、意外と振動するのでスマホが壊れること数回。
ナビとしてはものすごく便利だけれど、スマホが壊れやすいので、今ではスマホを後ろのポケットに入れて、止まりながら道を確認しています。


小型の空気圧計

パンクをしたときに空気圧を見たいと思って購入したものの、
「これを持ち歩いて、出先で空気圧を量るのは面倒」
レースをしているわけではないので、今では
「指で押して堅けりゃいいじゃんっ」
てなノリです。


フロントバッグ

ロードバイクをやり始めたころは荷物が多かった。
ティッシュや財布、携帯食、スマホのバッテリー、充電ケーブル、サドルバッグの代わりに色々と入って超便利だった。

でも、今ではとにかく後ろポケットとサドルバッグに入るものだけに絞っているので使わなくなってしまいました。


スタンド

自転車のメンテナンス用に買いましたが、このタイプは意外と使いづらいのです。よって買い替えました。


アクションカム

画質や手振れなどは最高。
しかし、リモコンまで付けると、ハンドル周りがごちゃついてしまう。
また、リモコンなしだと録画開始ボタンが押しにくい。
などの理由からGoProに買い替えました。


SPDペダルと対応のくつ

SPDは自転車を降りてから歩き回って観光をするのには最適でした。
ロードバイクだと、それよりも自転車に乗っている時間を充実したいので、SPD-SLの方が効率が良いし、足も疲れないので買い替えました。


長い空気入れ

もしものパンク時に、空気が入れやすい大きめの物を購入したが一回も使わず。
使わないのに場所も取るので小さいものに買い替えた。
小さいタイプでも十分でした。

[セット]パナレーサー(Panaracer) 日本製 チューブ2本入 [W/O700x23~26C] 仏式バルブ 0TW700-25LF-NP-2 仏式バルブ48mm & 携帯空気入れ ミニフロアポンプ BFP-AMAS1 仏式/米式/英式バルブ対応 フットステップ装備
パナレーサー(Panaracer)




以上、「ロードバイク:買ったもの、使わなくなったもの。」でした。