通学チャリの車輪を外さずに簡単チューブ交換!!

通学用自転車のチューブをダメにしてしまい、いよいよチューブを交換しなければならなくなりました。しかも、後輪なので交換作業がたいへん。

でも、渋々な気持ちで色々と探してみたら、普通のチューブよりも高価ではありますが、車輪を外さずに交換できるチューブを見つけました!!

後輪を外す作業の面倒くささや、自転車店での交換費用を考えると安い買い物だとも思えます。

タップできる目次

I-Tube

子供の通学用自転車にはパンク予防のシーラントを注入してあって、よっぽどのパンクじゃなければ大丈夫かと思っていましたが、見事にパンクをしてしまいました。

いつもならパッチを貼って直すのですが、パンクしたまま乗ってしまったらしく、ゴムがダメになってしまっているので チューブ交換をしなければなりません。

通学用自転車のチューブ交換は、ロードバイクなどのスポーツ自転車と違って、車輪を外す作業がとても大変です。

そこで、後輪を外さずにチューブ交換できる I-TUBE という商品が販売されていることを知り、使ってみました。

f:id:werty852z:20180909211032j:plain

普通のチューブはドーナツ型ですが、このチューブは一本の棒状になっていて棒の先が真っ平らにカットされています。普通のチューブがO型なら、こちらはまさしくアルファベットの I 型です。

f:id:werty852z:20180909210846j:plain
I-TUBE

パンク修理

それでは i-tube を使ったパンク修理の手順を解説します。

エアバルブのネジを緩め 虫ゴムを含めて全部取り外し、残っている空気を全て抜いてしまいます。
バルブの根元にあるネジもチューブを取り出せるように取り除いておきます。
タイヤレバー 使ってバルブの反対側からタイヤレバーでタイヤを外していきます。
タイヤを外し終わったらチューブを取り出します。そして、今回は入っていたチューブをハサミでカットして取り除きます。
タイヤの内側を触ったり目で見たりして、パンクの原因となった釘や鋭利なものが残っていないかチェックします。
このとき、刺さっているもので手に怪我をしないように気をつけてください。
いよいよI-TUBEをタイヤに挿入します。
まずはバルブからタイヤに装着するのですが、この時にバルブからチューブの長い方が進行方向を向くように装着していきます。(重要)
i-tubeの長い方が進行方向になります。短い方から先に入れます。
チューブを装填し終わると最後にI-TUBEの端と端の所がぴったりと重なるように なってることを確認します。
ぴったりと重なっていないと良くありません。
タイヤをリムにはめ込んで行きます。
この時もバルブとは反対側からリムに入れるようにしてください。
タイヤを全てリムにはめ終えたら、空気を入れるバルブを一旦タイヤの中に凹ますようにして、チューブがリムとタイヤの間に挟まらないようにします。
噛みパンク防止のため。
虫ゴムをはめ バルブをきちんと取り付け、少しだけ空気を入れて タイヤとチューブが馴染んでいることを確認して最終的に空気を入れて完成です。

作業してみて分かったのですが、これはかなり便利です。

車輪を外さずに交換できるので、10分足らずで交換できました!!

おすすめです!

24インチ

26インチ

created by Rinker
サギサカ(SAGISAKA)
¥1,463 (2023/06/07 11:04:54時点 Amazon調べ-詳細)

27インチ

created by Rinker
シンコー
¥1,480 (2023/06/07 12:41:04時点 Amazon調べ-詳細)

出先での急なパンク修理に!

マルニ(Maruni)の自転車用瞬間パンク修理剤は、タイヤ1本用の注入式修理剤で、直径1mmまでのキズ穴を瞬時に修理可能です。この修理剤は閉塞材とLPGガスを同時注入し、キズ穴をふさぐため、注入から約10秒後には走行が可能です。

英式バルブに対応しているので、普通の自転車での移動中にパンクしてしまった時に、この修理剤があればすぐに修理することができます。小さくて携帯性もあるので安心です。ぜひ、こちらのパンク修理剤をお試しください!



以上、「通学チャリの車輪を外さずに簡単チューブ交換!!」でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次