ブロンプトン(BROMPTON)ペットと一緒におでかけリュックを改造

こんにちは。テツローです。

なんと! ずっと夢に見ていたペットの犬を飼い始めました。

大型犬のラブラドールレトリバーに憧れていましたが、室内飼いで、しつけに自信もなく、雨が降ったら散歩に行きたくないという、怒られちゃうような考えと、家族の意見も取り入れて、小型犬のキャバリアちゃんを飼うことになりました。

キャバリアちゃんはとってもお利口さんで、人懐っこいので、初心者の僕でもしっかりと懐いてくれていますよ。


ペット用リュックでお出かけ

いつもは近所を散歩しているのですが、自宅から2キロほど先にある大きな公園にも散歩に連れて行っています。

公園に行くには、自動車にワンちゃんを載せていくのですが、自転車も好きな私としては、自転車で公園まで行きたい!!


そこで、自転車でワンちゃんと移動するために、ホームセンターのカインズでペット用のリュックを購入して、ワンちゃんを背負って行ってました。

ペット用 キャリー リュック ブラック


勝手に改造してブロンプトン専用に

でも、これ、

よく見るとなんだかブロンプトンのSバッグのキャリアフレームが簡単に取り付けられそう!



そして、ちょこちょこっと、お裁縫して



ジャーン!

どですか!? これ!

当然のことながら、ワンちゃんもすっぽり!

まるでオーダーメイドのようにピッタリ!

Sハンドルにも干渉しませぬ!



これで公園までの移動が楽しくなるというものです!!

ウフフフ!


私なりのリュック改造方法

どうやって改造したかを、自分のメモとして残します。

下の写真の赤丸の所から伸びていて、リュックのショルダーにつながっているベルトを、ハサミで根元から切り取ります。
※下の写真は切り取り後の写真です。


切り取ったベルトを下の写真の赤丸個所に縫い付けます。お裁縫をするのはココだけです。このとき、ベルトの向きに注意します。

かなり雑ですが、しっかりと縫い付けました。


縫い付けたベルトを、バッグの下から回して、リュックのショルダーにあるホルダーと接合して、ギュッと締め込みます。この時にSバッグのフレームをリュックのショルダーベルトに挟み込んでおきます。


最後に、バッグの背中部分に縫い付けられているベルト(下写真)にSバッグのフレームをベルクロベルトでしっかりと固定します。

私は下のようにベルクロで留めました。

私的にはこれで完成です。Sバッグのフレームとリュックをもっとしっかりと固定した方が安心かもしれません。


ペットと自転車で移動する場合、バッグにペットを入れたまま自転車から手を離したり、スピードの出しすぎなどせず、交通ルールを守って、通常よりも特に安全運転を心掛けたいです。


※当記事で紹介しているバッグの利用方法は、製造販売元が意図している使い方ではございません。また、この記事を真似て改造したバッグを利用した事による事故や怪我、死亡等について、当方では一切責任を負いません。


以上、「ブロンプトン(BROMPTON)ペットと一緒におでかけリュック改造」でした。