ブロンプトンの駐輪用ハンドブレーキ

ブロンプトンを駐輪するとき、ちょっとした坂になっていると、勝手に転がって行ってしまって、倒れてしまった事はないでしょうか。

ブロンプトンに限らず、自転車を壁や手すりに立てかけて置くときでも、風や何かが当たった拍子にバランスが崩れて、自転車が動いてしまって倒れてしまった。

このような経験がある方は意外と多いはずです。

大事な大事な愛車をしっかりと駐輪するための、ちょっとした小技を紹介したいと思います。

駐輪用ハンドブレーキ

 

ブロンプトンの駐輪用ハンドブレーキ
ブロンプトンの駐輪用ハンドブレーキ

ハンドブレーキというと、なんだか大そうなモノを想像されたかと思いますが、実はとっても簡単なんです。

上の写真のように髪の毛を束ねる時に使うゴムを、ハンドルの右側のグリップエンドに取り付けただけです。

どうやって使うかというと、

  1. 前輪のブレーキレバーを握ります。
  2. グリップエンドに取り付けたゴムをレバーに引掛けます。

とても簡単!

下の写真がブレーキをかけた状態です。

ブロンプトンの駐輪用ハンドブレーキ
ハンドブレーキをかけた状態

これで、前輪が固定された状態になるので、自転車が勝手に動いてしまうのを防止します。

坂道だけでなく、壁や手すりに立てかけて置くときでも、効果絶大です。

ポイントとしては、ゴムが長すぎるとブレーキレバーが戻ってしまうので、ちょうど良い長さに調節しておくことです。

長さ調節はゴムを下の写真のように、途中で縛ってやれば良いと思います。

ゴムを途中で縛って長さを調整

以前はグリップエンドに取り付けていましたが、現在はバックミラーに引掛けてあります。



これぐらいの坂道でも、転がる気配は全くありません。

コンビニなんかで、お座り状態にせずに駐輪する時もおすすめです。

発進するときは、ゴムを外すのをお忘れなく!


以上、「ブロンプトンの駐輪用ハンドブレーキ」でした。