ブロンプトン6速モデルのギアチェンジのコツ

ブロンプトンの6速モデルの変速機は外装2速と内装3速を組み合わせる事で、2×3=6速となっています。

外装の2速を固定したまま、内装を1速、2速、3速と上げていくと、ペダルが急に重くなるので、ブロンプトンに慣れていない人は、「何?この急激な差は!?」と戸惑ってしまいます。

今回はそんなブロンプトンの6速モデルを乗りこなすための、ギアチェンジのちょっとしたコツをお伝えします。

6速モデルのギアについて

ブロンプトンの場合、外装2速ギア、内装3速ギアとも、リアホイールに装備されています。

ブロンプトン 内装3速 外装2速
ブロンプトン 内装3速 外装2速

内装3速はハブの中にあるので、ギアを外から見る事はできません。

外装2速は、後輪にチェーンが掛かっている部分で、歯の付いた円盤が2枚あるのが分かります。

ブロンプトン 内装3速 外装2速

内装3速のシフトチェンジはシフターから延びたワイヤーが、上の写真の青丸部分のチェーンを経由して内装ギアと繋がっていて、変速されます。

外装2速は、シフターから延びたワイヤーが、赤丸部分のウィングに繋がっていて、このウイングが動くことによって変速されます。

外装2速(ハンドル左のシフター)

ブロンプトン 外装2速 変速レバー
ブロンプトン 外装2速 変速レバー(左)

写真は、ハンドル左手側にある外装2段の変速レバー。

表記は(-)マイナスと(+)プラスのみで、外装2速のギアチェンジを行います。

リア外装の2速は、13T/16Tとなっています。

内装ギアを固定したまま、外装2速を変化させた場合には、急激な差は感じないと思います。

内装3速(ハンドル右のシフター)

ハンドル右手側にある内装3段の変速レバー。3がトップ側です。

ブロンプトン 内装3速 変速レバー
ブロンプトン 内装3速 変速レバー (右)

そして、急激な差を感じさせるクセモノがこの内装3速です。

リア内装の3速はスターミーアーチャーというメーカーのもので、変速時にはペダルをこぐ足を止めないと変速できない(力を入れたままだと、変速しにくい・壊れやすい)という特徴があります。

1->2->3のそれぞれのギア比が大きく違うので、外装ギアを固定したまま、内装ギアを変えると、急にペダルが重くなったり、軽くなったりと、戸惑うとともに、足にも負担がかかってしまいます。

ローからトップへのギアチェンジ

ブロンプトン6速モデルの場合は、外装2速だけを変化させる場合は特に問題ありませんが、内装3速をギアチェンジするときには、外装2速も合わせて変化させないと、スムーズな変速ができません。

これら内外装6速の組み合わせは、ローからトップまで以下の組み合わせ順となります。外装レバーを 、内装レバーを と表記します。

ロー
1速 左(-)  右(1)
2速 左(+)  右(1)
3速 左(-)  右(2)
4速 左(+)  右(2)
5速 左(-)  右(3)
6速 左(+)  右(3)
トップ

シフトアップの操作方法は、以下のようになります。

  • 1速 -> 2速 左(-) -> 左(+)
  • 2速 -> 3速 左(+) -> 左(-) 同時に 右(1) -> 右(2)
  • 3速 -> 4速 左(-) -> 左(+)
  • 4速 -> 5速 左(+) -> 左(-) 同時に 右(2) -> 右(3)
  • 5速 -> 6速 左(-) -> 左(+)

これを覚えるのはややこしいですよね。


簡単に覚えるには、

まずは、左が + - のどちらなのかを常に頭に入れておくことです。

そして、あとは以下の通りです。

一段重いギアにしたいとき

  • 左-ならば、左を+にするだけ。
  • 左+ならば、足を止めて、左を-にするとともに、右をシフトアップ。

一段軽いギアにしたいとき

  • 左-ならば、足を止めて、左を+にするとともに、右をシフトダウン。
  • 左+ならば、左を-にするだけ。



以上、「ブロンプトン6速モデルのギアチェンジのコツ」でした。