VERACITY V-Liteを徹底レビュー:免許なしで公道を走れる電動キックボードの評判は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
VERACITY V-Liteを徹底レビュー
この記事でわかること
  • 免許なしで公道を走れる電動キックボードの基準
  • 16歳以上なら免許不要で乗れるVERACITYの特定小型原付 電動キックボード「V-Lite」を隅々までレビュー!

16歳以上なら免許不要で手軽に乗れる電動キックボードが、各社から販売されています。

電動キックボードが注目を集めるのは、その手頃な価格。しかし、忘れてはならないのは、価格だけでなく『走行の快適さ』です。

VERACITYから発売された特定小型原付区分の電動キックボード「V-Lite」は、価格だけでなく走行時の快適さは格別の逸品。

当記事ではその魅力に迫ります。

タップできる目次

公道を走れる電動キックボードとは

電動キックボードは、モーターとバッテリーの力で動き、省エネと省スペースを賢く活用できる個人のためのモビリティです。

電動キックボードの法改正

これまで電動キックボードは原動機付自転車として扱われ、運転には原付バイクと同じく免許証とヘルメットが必要でした。しかし、法改正により、2023年7月1日以降は「特定小型原付」という新しい区分が追加され、電動キックボードは「一般原付」と「特定小型原付」の二つに分かれることになりました。

一般原付
特定小型原付
  • 免許必要
  • ヘルメット必須
  • 最高速度 30km/h
  • ナンバープレート必要
  • 自賠責保険が必要
  • 16歳以上
  • 免許不要
  • ヘルメット努力義務
  • 最高速度 20km/h
  • ナンバープレート必要
  • 自賠責保険が必要
  • 16歳以上

※最高時速を6km/hとした特例特定小型原付もあります。

免許不要の電動キックボードで公道を走るための条件

免許不要の「特定小型原付」に該当する電動キックボードは、以下の基準をすべて満たす必要があります。

  • 車体の大きさは、長さ190センチメートル以下、幅60センチメートル以下であること
  • 原動機として、定格出力が0.60キロワット以下の電動機を用いること
  • 時速20キロメートルを超える速度を出すことができないこと
  • 走行中に最高速度の設定を変更することができないこと
  • オートマチック・トランスミッション(AT)機構がとられていること
  • 最高速度表示灯が備えられていること
  • 道路運送車両法上の保安基準に適合していること
  • 自動車損害賠償責任保険(共済)の契約をしていること
  • 標識(ナンバープレート)を取り付けていること
警視庁のウェブサイトより引用

電動キックボードが免許不要なのはなぜ?

電動キックボード(特定小型原付)の免許が不要な理由の一つは、その速度が自転車と同程度であることが考えられます。

一般的な自転車の速度は10~25km/h程度です。

そして、電動キックボード(特定小型原付)の最高速度は20km/h以下ですから、自転車と同じ程度の速度です。

このように、自転車並みの速度でしか走行できないことから、一般原付と同様に扱うことが適当ではないと考えられることから、免許が必要ないとされているようです。

VERACITYの特定小型原付 電動キックボード「V-Lite」の概要

特定小型原付区分の電動キックボード VERACITY「V-Lite」の仕様(スペック)は、次のとおりです。

材質アルミニウム合金+樹脂
モーター36V/350W
バッテリー36V/10.5Ah
航続距離30km
積載能力100kg
最高速度20km/h
ブレーキ前輪電子ブレーキ
後輪フットブレーキ
後輪ドラムブレーキ
サイズ長さ101.5cm
幅52.5cm
高さ115cm (折り畳み時46.5cm)
重さ14.5Kg
タイヤ径8インチ
タイヤ前輪:ソリッドタイヤ
後輪:エアタイヤ
充電時間5時間
保証1年間(消耗品を除く)
組立90%組立状態でお届け
付属品取扱説明書 充電器アダプタ 販売証明書 組立用工具
出典:VERACITY公式サイト

\今すぐチェック/

各部を詳しく説明していきます。

ハンドル

ハンドル周りの各パーツは、次のとおりです。

VERACITY「V-Lite」のハンドル周り
VERACITY「V-Lite」のハンドル周り

右グリップの付け根にあるアクセルレバーを下に操作すると、V-Liteが動き出します。

グリップをひねるタイプよりも操作しやすいし、手も疲れません。

VERACITY「V-Lite」のアクセルは下に押すとスピードが出て、緩めるとスピードが落ちる。離すと止まる。
VERACITY「V-Lite」のアクセルを下に押すとスピードが出る。

ウインカースイッチを押すと、車体の前後にあるウインカーが点滅します。もう一度押すと止まります。

VERACITY「V-Lite」ウインカースイッチ
VERACITY「V-Lite」ウインカースイッチ

ハンドルに装備されたウインカーは前後左右からもしっかり見やすいデザイン。安全性とデザイン性に優れています。

VERACITY「V-Lite」ウインカー
VERACITY「V-Lite」ウインカー

ブレーキレバーは、左側(後輪)のみ装備されていて、小ぶりながら操作しやすい。ブレーキもしっかりと効きます。

VERACITY「V-Lite」ブレーキレバー
VERACITY「V-Lite」ブレーキレバー

ハンドルの高さは固定式で、変更ができません。

VERACITY「V-Lite」
VERACITY「V-Lite」

走行モード・モーター

液晶モニターはデザインがカッコイイです!

液晶はとても見やすく、スピードと距離、バッテリー残量が、走行中でも一目で分かるようにデザインされています。

VERACITY「V-Lite」液晶パネル
VERACITY「V-Lite」液晶パネル

電源ボタンを長押しするとスイッチオン。オンの状態で長押しするとスイッチオフです。

走行モードの切り替えは、[M]ボタンを短く押すと切り替わります。

走行モード

  • 車道走行モード(時速20km):歩行速度モード消灯+指示灯は点灯
  • 歩道通行モード(時速6km):歩行速度モード点灯+指示灯は点滅

走行モードによって、前後の指示灯の発光パターンが変化します。

VERACITY「V-Lite」歩道モード
VERACITY「V-Lite」の指示灯
  • 車道走行モード(時速20km):指示灯は点灯
  • 歩道通行モード(時速6km):指示灯は点滅

モーターは前輪駆動で、ブラシレスタイプ。電子ブレーキを内蔵しており、出力は350W。

VERACITY「V-Lite」前輪
VERACITY「V-Lite」前輪

タイヤ・ブレーキ

VERACITY「V-Lite」のタイヤは、前輪はソリッドのノーパンクタイヤ、後輪はエアタイヤでサイズは200×50mm。

VERACITY「V-Lite」クリアランスも良好で段差もラクラク
VERACITY「V-Lite」クリアランスも良好で段差もラクラク

濡れた路面でも快適に走行できるように、前後のタイヤには泥除けカバーが装備されています。

ブレーキは後輪に装備されたフットブレーキまたは、ドラムブレーキ。

ライト

前方を照らすライトは夜間でも十分に視認性を確保できる明るさ。

そして、緑色に光る指示灯によって、自車の存在をしっかりとアピールしています。

VERACITY「V-Lite」のライト&テールライト
VERACITY「V-Lite」のライト&テールライト
VERACITY「V-Lite」のライト
VERACITY「V-Lite」のライト

その他のパーツ

VERACITY「V-Lite」を自立させるためのキックスタンドは標準装備されています。コレ重要です!

VERACITY「V-Lite」キックスタンド
VERACITY「V-Lite」キックスタンド

後輪タイヤの空気を入れるための延長バルブが付属されており、空気圧を調整する際に使用します。

重さ

VERACITY「V-Lite」の重量を測ってみると、14.48kgでした。20インチの折りたたみ自転車と同じくらいの重さですから、折りたたんでケースに入れれば電車などの公共交通機関で持ち運ぶことも苦にならないですね。

VERACITY「V-Lite」の重量
VERACITY「V-Lite」の重量

歩道を走るモード

歩道を走るモードでは、前後にある緑色の指示灯が点いたり消えたりする点滅になります。

時速は最大で6km/hになりますので、歩くのと同じくらいのスピードになります。

\今すぐチェック/

VERACITY「V-Lite」の組み立て

VERACITY「V-Lite」は、90%完成品で届きます。

といっても、ハンドルを取り付けるだけですから、簡単!

ハンドルの取り付け方を説明していきます。

ハンドルの取り付け

STEP
ハンドルから出ている端子を接続します。
VERACITY「V-Lite」組立①
VERACITY「V-Lite」組立①
VERACITY「V-Lite」組立②
VERACITY「V-Lite」組立②
STEP
ハンドルを本体にハメ込みます。
VERACITY「V-Lite」組立③
VERACITY「V-Lite」組立③

ネジ穴をピッタリと合わせます。

VERACITY「V-Lite」組立④
VERACITY「V-Lite」組立④
STEP
六か所あるネジを締めます

各ネジ穴に少しネジを差し込んでから、ネジを交互に締めます。

力を均等に分散させるため、対角位置のネジを交互に少しずつ締めましょう。

最後に全てのネジを確実に締めます。

VERACITY「V-Lite」組立⑤
VERACITY「V-Lite」組立⑤
VERACITY「V-Lite」組立⑥
VERACITY「V-Lite」組立⑥

ナンバーの取り付け

STEP
ナンバープレートを取り付け位置の穴に合わせます。

※ナンバープレートにボルトをあらかじめ通しておくと、反射板に干渉して取り付ける事ができません。

VERACITY「V-Lite」ナンバープレートの取り付け①
VERACITY「V-Lite」ナンバープレートの取り付け①
VERACITY「V-Lite」ナンバープレートの取り付け②
VERACITY「V-Lite」ナンバープレートの取り付け②
STEP
ナンバー取付用のボルトでナンバープレートを固定します。
VERACITY「V-Lite」ナンバープレートの取り付け③
VERACITY「V-Lite」ナンバープレートの取り付け③

\今すぐチェック/

VERACITY「V-Lite」の良かったところ

坂道がしっかり登れるパワフルさ

VERACITY「V-Lite」は、350Wの前輪駆動モーターを搭載しているので、橋や坂道などでも力強く登ることができます。

検証したところ、体重が80キロオーバーの私をのせたまま、1km/hダウンくらいで登っていきました。

VERACITY「V-Lite」カッコイイ
VERACITY「V-Lite」パワフルな電動キックボード

下り坂でもスピードが出すぎない

下り坂でも前輪の電子ブレーキが作動するため、最高速度の20kmを超えてスピードが出すぎてしまうことがありません。

危険な速度にならないよう、安全面もしっかりと配慮されているのが素晴らしい!

VERACITY「V-Lite」前輪
VERACITY「V-Lite」前輪には電子ブレーキを搭載

運転操作がシンプルで分かりやすい

運転操作は右ハンドルのレバーでコントロールするだけなので、とてもシンプル。

VERACITY「V-Lite」のアクセルは下に押すとスピードが出て、緩めるとスピードが落ちる。離すと止まる。
VERACITY「V-Lite」のアクセルは下に押すとスピードが出て、緩めるとスピードが落ちる。離すと止まる。

折りたたんで持ち運びできる

折りたたむと、ハンドルがリアフェンダーに固定されるので、持ち運びも簡単。

VERACITY「V-Lite」折りたたみも簡単
VERACITY「V-Lite」折りたたみも簡単

折りたたみ、展開には、30秒もかからずあっという間に作業できます。

折りたたんだら、ステムを持って持ち運べます。

折りたたみ方

  • ロックレバーにあるバックルを上げる。
  • ロックレバーを最大まで開く(内側のバックルが外れるまで)
  • ハンドルステムを倒して、リアの泥除けに固定する。

バッテリーが脱着可能

VERACITY「V-Lite」のバッテリーは、ワンタッチで脱着可能なので、バッテリーを取り外して充電するのも簡単。

バッテリーが取り外せない電動キックボードは、自宅まで車体を持ち込んで充電する必要がありますが、

VERACITY「V-Lite」はバッテリーがカンタンに取り外せるため、バッテリー充電が苦になりません。

バッテリーは本体に装着したままでも、取り外しても充電が可能です。

VERACITY「V-Lite」バッテリーの充電
VERACITY「V-Lite」のバッテリー充電は、防水キャップをめくってプラグを差すだけ。

バッテリー容量は36V 10.5Ahで、最大航続距離は約30km。

メーカー保証が1年付いている

VERACITY「V-Lite」は公式サイトから購入すると、1年のメーカー保証が付いてきます。

保証内容の概要

保証部品期間
車体フレームベースプレート、ハブモーター、ヘッドチューブ、グリップ、ブレーキシステム、フォールディング
チューブ、ケーブル
1 年
スペアパーツバッテリー、充電器、ブレーキ、ヘッドライト、テールライト、LED ディスプレイ6 ヶ月
外観部品タイヤ、フェンダー装飾カバー、フットパッド、充電ポート3 ヶ月

電動キックボードの購入で心配になるポイントといえば、購入後のメーカーサポート。

VERACITY「V-Lite」は、公式サイトからの購入で1年の無料保証が付いているので、安心して購入できます。

サポートも迅速で丁寧

VERACITYのサポートに関しては、VERACITYサポートメールが提供されており、メールでの連絡によって、迅速かつ丁寧なサポートを受けることができます。

サポート体制に関しては、とても評判が良いようです。

\今すぐチェック/

VERACITY「V-Lite」の気になったところ

サスペンションが非搭載

VERACITY「V-Lite」には、サスペンションが付いていません。

主に乗り心地に影響する後輪タイヤはエアタイヤなので、舗装路であれば快適に走れますが、ちょっとした段差を越える時などは、サスペンションがあれば衝撃を感じずに走れるのかも知れません。

ただ、同じ価格帯の電動キックボードでサスペンションが搭載されている機種はありませんので、サスペンション非搭載はこのクラスでは仕方がないと思います。

カギが標準で付いていない

VERACITY「V-Lite」には、カギが付いていません。

誰でも操作できてしまので、電源の操作にはカギがあると良いなと思いました。

また、本体をロックするためにカギを持って出かける必要があります。

\今すぐチェック/

VERACITY「V-Lite」の評判・口コミ

VERACITY「V-Lite」は2024年1月からの出荷開始のため、記事執筆時点での評判や口コミはまだありません。

評判や口コミを見つけ次第掲載していきます。

\今すぐチェック/

VERACITY「V-Lite」をおすすめする人・しない人

VERACITY「V-Lite」
出典:VERACITY公式サイト

特定小型原付区分の電動キックボード VERACITY「V-Lite」をおすすめする人・しない人は、次のとおりです。

おすすめする人
おすすめしない人
  • デザインがオシャレでパワフルな電動キックボードを探している
  • 通勤・通学用の電動キックボードを探している
  • バッテリーだけを取り外して充電したい
  • 持ち運びに便利な電動キックボードを探している
  • 座って乗れる電動キックボードを探している
  • サスペンション付きの電動キックボードを探している
  • とにかく安いだけの電動キックボードを探している

デザインがオシャレで、しかもパワフルに走る電動キックボードを探している人に、VERACITY「V-Lite」はおすすめ。

出力規格350Wのモーターを搭載しているから、体重が80キロオーバーの私が乗っても、坂道をグイグイと力強く走っていきます。

多くの電動キックボードは、バッテリーの取り外しできないのに対して、VERACITYの「V-Lite」はバッテリーを取り外して、室内で充電できる点も魅力的なポイントです。

メーカーサポートも日本語でしっかりしてもらえて、保証も一年間ついている。

そして、走行性能が良くて、オシャレなデザインの電動キックボードを探しているなら、VERACITY「V-Lite」がおすすめです。

\今すぐチェック/

よくある質問

特定小型原付区分の電動キックボード VERACITY「V-Lite」のよくある質問にお答えします。

対象年齢は何歳ですか?

16歳以上であれば、誰でもVERACITY「V-Lite」に乗ることができます。

ナンバー・自賠責保険の加入・運転免許証・ヘルメットは必要ですか?

ナンバー: お住まいの自治体で取得が必要です。
自賠責保険の加入: コンビニなどで加入が必要です。
運転免許証: 不要です。
ヘルメット: 努力義務があります。

注文してからどれくらいで届く?

2024年1月以降の出荷になっています。※2023年12月調べ

電動キックボードは公道で走れますか?

電動キックボードVERACITY「V-Lite」は、公道での利用が認められています。

電動キックボードはナンバー無しで運転できますか?

電動キックボードVERACITY「V-Lite」で公道を走行する場合、ナンバープレートの取り付けが必須です。ナンバープレートを装着していない状態で公道を走行すると、交通違反として取り締まりの対象となります。

電動キックボードは車名で何といいますか?

電動キックボードは「車両」に該当します。特定小型原付区分の電動キックボードVERACITY「V-Lite」も車両であり、ナンバープレートの取り付けや、自賠責保険の加入、ヘルメット着用が努力義務となる等のルールが適用されます。

電動キックボードは2023年に公道で乗れるようになりますか?

以前から電動キックボードは一般原付として公道で乗れるものでしたが、2023年7月の法改正により、特定小型原付扱いの電動キックボードは、16歳以上であれば運転免許不要で乗ることが可能になりました。
VERACITY「V-Lite」は特定小型原付扱いの電動キックボードなので運転免許は不要です。

\今すぐチェック/

まとめ

この記事では、特定小型原付区分の電動キックボード、VERACITY「V-Lite」に焦点を当て、その特徴や利点、気になる点を紹介しました。

VERACITY「V-Lite」は、スタイリッシュな外観とシンプルな操作感が特徴的で、また坂道にもしっかり対応する優れた電動キックボードです。

高校生以上であれば運転免許が不要で手軽に乗れるため、通学や通勤に最適な移動手段となります。公式サイトでの購入には1年の無料保証がついており、アフターフォローも充実しています。

自分らしさを主張でき、走行機能、保証、いずれも満足する VERACITY「V-Lite」なら、間違いありません。

VERACITY「V-Lite」
出典:VERACITY公式サイト

\今すぐチェック/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次