NOMEAROD THE HORNET のレビュー:自転車・バイク ケーブルロック

ロードバイクに乗っていると、自転車から離れたときに、盗まれてしまうのではないかという心配がどうしても付きまといますよね。

そんな時に使いたい、愛車に危険が迫ると、大音量で警告してくれるバイクケーブルロックのご紹介です。

NOMEAROD THE HORNET

盗難対策として、NOMEAROD THE HORNETという名前のケーブルロックを購入しましたのでレビューしたいと思います。

高級自転車に乗っているわけではありませんが、このケーブルロックの特徴である、振動を検知して大音量のアラームで知らせるというコンセプトに興味津々でした。

このケーブルロックは、ロックされているときにケーブルが切断されると、110 dBのアラームが鳴るという機能がついたものです。

また、ロックした後に本体の小さなスイッチ押すと、警戒モードとなり、振動を検知するとビープ音が、さらに振動を検知すると110 dBのアラームが鳴り響くという機能もあります。単なるロックだけではなく、音でも警戒してくれるので心強いです。

ロードバイクへの取り付け

自転車のサドルに取り付けられるような部品が付属していました。このようにサドル下に取り付けて携行することが可能です。

使い方

本体を正面から見ると、大きなスピーカーとボタン、LEDランプがあります。
※本体は完全防水ではなく簡易防滴です。

ケーブルをロックすると、ビープ音がします。
この状態ですと、ケーブルが切断された時だけ音が出るモードになっています。

その後、本体のボタンを押すとビープ音が鳴って警戒モードになります。
(電池切れするとこの時に音が出ないので分かります。)

警戒モードでは、振動を検知するとピー・ピーと鳴ります。さらに振動を与えると大音量で鳴り響きます。

警告音を消すには、鍵を差し込んでロックを解除します。

感想

このケーブルロックは、かなりの安心感があります。大切なロードバイクにピッタリだと思います。ただし、ちょっとだけ重たいのと、電池交換の手間はあります。

電池はボタン電池4個を使用しており、まずまずの頻度で電池交換も必要になります。

以上、「NOMEAROD THE HORNET のレビュー:自転車・バイク ケーブルロック」でした。