ブロンプトン(BROMPTON )専用のキックスタンド

ブロンプトンにMINOURAのキックスタンドSLMV-1を取り付けるのには、キックスタンドを加工する必要がありました。

自分で加工するのは敷居が高いし、高価なキックスタンドを買うのはちょっと、、、と、いう人は多かったのではないでしょうか。

2019年12月に、ミノウラ(MINOURA)からブロンプトン(BROMPTON)専用のキックスタンドが発売されました。

安心の日本製キックスタンドで、しかも安価です。

キックスタンドの必要性

街乗りやポタリング時に、ちょっとだけブロンプトンを停めるのに、いちいち後輪を畳んでお座り状態にするのが手間というのがあります。

キャリア無しのモデルですと、お座りにした時の安定性も今一つなので、余計にキックスタンドがあると便利だと感じる場面が多いですよね。

そして、ブロンプトン独特のお座り状態での駐輪は目立ってしまうため、高価なブロンプトンの盗難対策としても、目立たないようにキックスタンドで停めておくおくという狙いもあります。

MINOURA SLMV-2 キックスタンド

このたび、ミノウラさんからブロンプトン専用のキックスタンドが発売されました。

ブロンプトンのどのモデルにも装着可能だそうです。

そして、特別な加工無しでポン付けできますので、自分で装着も可能です。

「Birdy/BD-1用 SLMV-1」とは違いますのでお気をつけください。

いままではキックスタンドの取り付けを迷っていましたが、早速購入してみました。

シルバーか黒か悩みましたが、私は黒を選びました。

ミノウラブロンプトン専用のキックスタンドの写真
MINOURA SLMV-2 キックスタンド

本体だけを量りに乗せて、重さを量ってみると 159 g でした。取り付けのためのボルトはブロンプトンにあらかじめ取り付けられているボルトよりも少しだけ長いものに交換しますが、それは重さには含めていません。

キックスタンド単体を量りに載せて重さを量った写真。159gを示している。
159 g

キックスタンドの取り付け

使用する工具は、15 mm のレンチ1本と、8 mm のレンチ2本です。

Rタイプのブロンプトンは、20 mm の六角ボルトを、Lタイプのブロンプトンは、25 mm 六角ボルトを使う必要があります。

六角ボルトは、どちらもパッケージの内側に付属していました。

取り付け方が説明された説明書の写真
丁寧な説明も付いていました。

まず、ハブナットを 15 mm のレンチを使って取り外します。

次に、8 mm のレンチを使ってキャリアステーまたは泥除けステーのボルトを取り外します。

この時にどれだけボルトを回しても緩まない?おかしい?と思ったら、なんと裏側にナットがあって一緒に回ってしまっていたから緩みませんでした。

つまり、反対側のナットを 8 mm のレンチで固定しておいて、緩める必要があります。

ハブナットとボルトを取り外したら、キックスタンドをハブ軸にはめ込んで車体に取り付けます。

キャリアステーまたは泥除けステーを一本だけ車体とキックスタンドの間に挟み込んで六角ボルトで固定します。

このように泥除けステーとハブナットの二か所で固定するので、とてもしっかりとホールドできます。

出展:http://bromptonjunction.jp/

下はキックスタンドを取り付けた個所を上から見た写真。

キックスタンドを取り付けた個所を上から見た写真。泥除けステーとキックスタンドのかみ合わせを確認します。
ブロンプトンキックスタンド取り付け

左から延びる泥除けステー一本を、本体とキックスタンドの間に入れて、残りの泥除けステーを一番外側にして固定しています。

キックスタンドを取り付けた個所を横から見た写真。がっちりと取り付けが可能です。
ブロンプトンキックスタンド取り付け

私の場合は、MKSコンパクトイージーのホルダーを取り付ける必要があったので、上の写真のように泥除けステーの上にホルダーを挟んでいます。

取り付け後の感想

取り付けてみると、スタンドの足が長いので安定感も抜群です!

キックスタンドを使ってブロンプトンを立たせた写真
ブロンプトンキックスタンド

スタンドを跳ね上げると、車体と平行に収まります。

キックスタンドを仕舞った状態の写真
ブロンプトンキックスタンド

折りたたんだ時も、スッキリと収まっていて邪魔にならないです。

折りたたんだ時もスッキリと収まっている写真
ブロンプトンキックスタンド

キックスタンドを取り付けると、お座り状態にしなくても駐輪することができます。

街乗りで、ちょっと停めたりするときにとっても便利ですし、目立たないので盗難防止にも良いですね。

おまけに私の場合はトレーラー Travoy を取り付けて走行するときにお座りできなくて困っていたので、今回のキックスタンドがあればトレーラーを使ったときにも超便利になりました。

参考記事:
Burley Travoy (トラボーイ)をブロンプトンに接続して走ってみた結果・・・。

以上、「ブロンプトン(BROMPTON )専用のキックスタンド」でした。